WBC 侍JAPAN 試合結果

WBC Cオーストラリア戦 先制許すも中田の本塁打で勝利!

1次ラウンド 2017年3月8日(水) 日本 vs オーストラリア (19:00) 東京ドーム

7回無死、勝ち越し本塁打を放ちベンチで祝福される中田(右奥)

先攻 後攻
日本 国旗4-1オーストラリア 国旗
日本 オーストラリア
チーム名123456789
日本0000101204
オーストラリア0100000001
  • 千賀
  • S
    牧田
  • ウィリアムズ
  • デサンミゲル・ソロ、中田・ソロ、筒香・2ラン

<速報解説>…待球作戦より積極打法、主軸の競演呼び込む

 中田の一発が飛び出したのは、7回表のことだった。この回から登板したオーストラリアの3番手投手の初球をガツン。勢いよく飛んでいった打球はレフトスタンドにまで飛んでいった。結果的に決勝点となったホームランは、積極的な一振りの産物だった。

 球数制限のあるWBCで、打者はどう対応すべきか。

 意見が分かれるところである。

 ひとつの考え方は、相手投手にできるだけ球数を投げさせて、早めのお引き取りを願おうというものだ。必然的に待球作戦となり、仕掛けは遅くなる。

 もうひとつの考え方は、球数制限は、投手にとっても「早めに勝負をしないといけない」という制約があるのだから、逆手を取って、ストライクを取りにきた球を積極的に打っていこうという作戦だ。

 球数制限が導入された当時は前者の見解が幅をきかせていたが、最近では、後者の考え方がより受け入れられている。国を代表する打者が勢ぞろいするのだから、「打つことを優先する」のは当然といえば、当然だ。

 この試合、オーストラリア打線も菅野相手に積極的に打ってきていた。菅野が5回途中までにマウンドにいることができたのは、オーストラリアが積極打法に徹したこともある。待球作戦で超一流投手相手に追い込まれれば余計に苦しい、という計算も働いたのだろう。連打で菅野を打ち崩せなかったのは、実力の差で、これはどうしようもない。

 さて、侍ジャパンの打線のほうである。

 初回、1死2、3塁の先制機で、4番の筒香が3ボール、0ストライクからのど真ん中の直球を見逃し、最後は三振に倒れた。やや消極的に映ったが、中盤から攻勢に転じた。中田の一撃のあと、8回には筒香が2ボール、0ストライクから打って出て、5球目を捉えてダメ押しの2ランをかっとばした。

 早め早めの交代になる2番手以降の投手相手と先発投手相手では、球数制限に対する考え方も違ってくるが、やはり、ファーストストライクから振っていくのは気持ちがいい。

 4番・筒香、5番・中田のアーチ競演は、迫力があった。

(編集委員・三宅宏)

7回無死、勝ち越しのソロ本塁打を放つ中田

中田、筒香がアベック本塁打…オーストラリアに逆転勝ち

 日本が4-1で逆転勝ちし、2連勝とした。

 9日にオーストラリアが中国に勝てば、日本は10日の中国との1次ラウンド最終戦を待たず、2次ラウンド進出が決まる。

 2回に1点を先制された日本は5回、無死1、3塁から松田の犠飛で坂本が生還して追いつくと、7回には、前日から無安打の中田がソロ本塁打を放ち、勝ち越した。

 さらに8回、筒香が2死1塁からライトポール際に2試合連続の本塁打となる2ランを放り込み、突き放した。

 先発・菅野は、2回に本塁打を浴びたが、5回1死まで4安打1失点と先発の役割を果たした。日本は、岡田-千賀-宮西と継投し、9回は前日に続いて牧田が締めた。

日本先発の菅野