WBC 侍JAPAN 試合結果

WBC キューバ戦 大接戦!終盤の攻撃で差をつけ勝利!

2次ラウンド 2017年3月14日(火) 日本 vs キューバ (19:00) 東京ドーム

1回、山田が先頭打者ホームランを放つ

先攻 後攻
キューバ 国旗5-8日本 国旗
キューバ 日本
チーム名123456789
キューバ0202010005
日本10102103X8
  • 秋吉
  • S
    牧田
  • ラエラ
  • 山田・ソロ、グラシアル・2ラン、山田・2ラン

<速報解説>…キューバ謎のファウルフライ捕球、手堅さで日本勝る

 キューバの荒っぽい野球が目立った試合だった。

 6回には三振振り逃げ、ワイルドピッチでピンチを広げ、そこからタイムリーを打たれて日本に追いつかれた。極め付きは同点で迎えた8回裏の守備だ。1死1、3塁で、代打・内川のライトへの大きなファウルフライを外野手が捕ってしまった。8回に勝ち越し点を与えるのは致命傷になりうる。捕球したライトの選手は本塁へ大遠投したので、刺す自信があったのだろうが、捕らずにファウルにするのがセオリーだ。こうした野球をしていては、接戦に勝てない。

 その点、日本は確実な野球をした。

 7回の守備。キューバの1番打者の「走り打ち」でショート前に飛んだゴロを、坂本が突っ込んで「走り捕り」し、「走り投げ」でアウトにした。事前の情報で、意識もあったのだろう。ゴールデングラブ賞の守備は質が違う。

 攻撃では、前述した勝ち越し点の後の追加点だ。まずいプレーで落ち込むキューバに追い打ちをかけるように、山田が初球をたたいてダメ押しの2ラン。日本の選手は勝負所を知っていた。

 前評判がそれほど高くなかった日本が、これで堂々の5連勝だ。

 何がいいのか、といえば、お互いにカバーし合っていることだ。

 2次ラウンドに入ってから、1次ラウンドで好投した石川と菅野の両先発が打ち込まれて早めに降板すると、1次ラウンドでパッとしなかった救援陣が踏ん張った。2次ラウンドの2試合で延べ13人のリリーフ陣は2点しか失っていない。

 打線も同じだ。

 オランダ戦で活躍した中田(3安打5打点)、坂本(3安打)、青木(2安打)が、そろいもそろって、この日のキューバ戦では無安打に終わった。すると、オランダ戦でそれぞれ、5打数0安打、5打数1安打と当たりが止まっていた筒香と山田が大爆発。筒香は3安打2打点、山田は2本塁打を含む3安打3打点で、前の試合の借りを返した。

 高校野球では、大会中に勝ち進むうちにだんだん強くなる、というチームがある。日本代表を高校野球と比べるのは失礼かもしれないが、いまの侍ジャパンには、全員野球で進撃する、そんな強さがある。

(編集委員・三宅宏)

5回2死3塁、適時打を放つ筒香

山田2本塁打、筒香は連続適時打…3点差でキューバに勝利

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、日本代表「侍ジャパン」がキューバと戦い、8-5で競り合いを制した。2次ラウンド2連勝で、準決勝進出に近づいた。日本は15日にイスラエルと対戦する。

 日本は初回、3試合ぶりに1番に座った山田が、キューバ先発の右腕バノスから左越えソロ本塁打で先制したが、先発・菅野が4回7安打4失点で降板するなど、3度リードを奪われる苦しい展開となった。

 しかし、筒香が2打席連続でセンター前に適時打。小林の2安打の活躍などで、そのたびに追いついた。

 8回、小林の場面で出た代打・内川が犠牲フライで6-5と勝ち越すと、続く山田の2ランで8-5と突き放した。

 日本は平野-増井-松井-秋吉と継投し、9回は牧田が3人で締めた。

8回1死1、3塁、勝ち越しの犠飛を放ちガッツポーズする内川

『65球』投球数に制限が

WBCでは投手の投球数にルールがある。

  • 65
    1次ラウンド65球まで
  • 80
    2次ラウンド80球まで
  • 95
    準決勝・決勝95球まで

ある打者の打席中に制限に達したら、 その打席まで。

  • 50
  • 30
  • rentou