WBC 侍JAPAN 試合結果

WBC イスラエル戦 猛攻で勝利!全勝で準決勝へ!

2次ラウンド 2017年3月15日(水) 日本 vs イスラエル (19:00) 東京ドーム

6回1死2、3塁、適時打を放った小林

先攻 後攻
イスラエル 国旗3-8日本 国旗
イスラエル 日本
チーム名123456789
イスラエル0000000033
日本00000503X8
  • 平野
  • アクセルロッド
  • 筒香・ソロ

<速報解説>…お化けフォーク恐れず要求、ラッキーボーイ小林の勇気

 先発の千賀が、イスラエル打線を封じ込んだ。5回まで1安打無失点。打たれる気配のない快刀乱麻の投球を引き出したのは、捕手・小林のリードだった。

 千賀の武器は150キロを超える速球とフォークボールだ。特に後者は「お化け」と言われるほど落差があり、プロでも捕球するのが難しい。フォークボールはすっぽ抜けると打ちやすいと言われるため、滑りやすいWBC球では、いままで以上に低めを意識しないといけない。サインを出すのに勇気がいるが、小林にためらいはなかった。

 死球、送りバント、内野ゴロで2死3塁となった3回表のイスラエルの攻撃。パスボールをすれば先制の1点を与えることになる。落ちる球を要求しにくい場面だったが、小林は2球続けてフォークボールを要求した。あっという間に0ボール、2ストライクと追い込むと、最後は速球で三振に切って取った。

 2番手の平野もフォークボール使いの名手だ。こちらでも、小林はフォークをバンバンと要求、相手打線につけいる隙を与えなかった。

 小林はWBCの計6試合で1度もパスボールをしていない。

 嶋が離脱した後も、小林は正捕手候補の先頭にいたわけではなかった。大野との「日替わり捕手」が、検討されていた。ところが、強肩をかわれてスタメンのマスクをかぶった初戦のキューバ戦を無難に務めると、そのまま、正捕手の座についた。小久保監督は1次ラウンド終了後に、「肩の強さは誰もが認めるところだったが、キャッチャーとしての振る舞いも含めて、小林中心でいこうと決めた」と話している。

 小林の活躍ぶりが分かりやすいのは、打撃の方だろう。

 6試合で打率4割4分4厘、1本塁打、6打点。これだけ堂々とした数字を残した選手をつかまえて「ラッキーボーイ」の一言で片づけるのもどうかと思うが、15日のイスラエル戦でも、ボテボテの投手ゴロが内野安打になったり、さらにベースオーバーの走塁が相手のミスを誘ったり。こうしたプレーを見ると、やはり、「ラッキーボーイ」なのだろう。

 侍ジャパンは6連勝。松田、筒香、中田…。次々と出た日替わりヒーローのような派手さはないけれど、小林の貢献度はMVP級と言える。

(編集委員・三宅宏)

6回無死、先制のソロ本塁打を放つ筒香

千賀が5回無失点の好投、筒香は均衡破る特大打

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、日本代表「侍ジャパン」がイスラエルと戦い、投打がかみ合った日本が8-3で勝利した。

 1次ラウンドから6戦全勝で、4大会連続の4強入りを決めた。日本は、米ロサンゼルスで行われる準決勝で、2次ラウンド2組の2位チームと、21日(日本時間22日午前10時)に対戦する。

 日本は序盤の得点機を逃し続けて0-0が続いたが、6回に筒香が均衡を破るバックスクリーン右への特大のホームランで先制した。

 さらに、この回、打者一巡の猛攻。松田、小林、菊池のタイムリーヒットなどで5-0とした。8回にも内川の二塁打などで3点を加え、突き放した。

 日本は先発全員の13安打を放った。投手陣は、先発の千賀が落ちついた投球で、5回を1安打無失点。平野-宮西-秋吉とつなぎ、最後は牧田が四球と3長短打などで3点を失ったが、リードを守った。

5回2死、クリーガーを三振に仕留めベンチの選手たちに出迎えられる千賀

『66.7%』初対戦、日本有利か

イスラエルとWBC初顔合わせ。

日本のWBCでの初対戦の戦績は…

初顔合わせはわずかに勝ち越している

そして、データ通りイスラエルに勝利。決勝ラウンドに駒を進めた