デンマーク―豪州、1-1の引き分け

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は21日、グループリーグC組のデンマーク―豪州が行われ、引き分けた。デンマークは7分、エリクセンがゴール正面から鮮やかな左足ボレーを突き刺して先制。豪州は38分、相手のハンドで得たPKをジェディナクが決めて同点。後半は豪州がサイド攻撃から何度も好機を作ったが、ゴールを割ることはできず、引き分けた。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>