「本田さん、ごめんね」ネットに感謝あふれる

ホンダさん、ごめんね――。コロンビア戦の決勝アシストに続き、セネガル戦で日本人初の3大会連続ゴールを決めたMF本田圭佑選手(32)。試合後、ネット上には、本田選手への「謝罪と感謝」の言葉があふれた。

セネガル戦前のツイッターには、W杯直前になっても調子が上がらなかった本田選手への批判や 揶揄 やゆ が並んでいたが、セネガル戦後半で同点弾を放った後は一転。「結果を出す男、本田さん。これまですんませんでした!」「やっぱり持ってる。ありがとう!」といった発信が雪崩を打つように広がった。一時は「本田さん」や「ケイスケホンダ」という単語がツイート(つぶやき)の上位ワードに入っていた。

日本代表を巡っては、南アフリカ大会で前評判の低かった「岡田ジャパン」が16強入りした途端に「岡ちゃんごめんね」というツイートが相次ぎ、今大会でも初戦に勝利した西野 あきら 監督への「謝罪」の言葉が広がっていた。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>