西野監督、インタビューで絶句「何が足りないんでしょうね…」

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会、決勝トーナメント1回戦のベルギー―日本戦で、日本は後半終了目前にベルギーに3点目を奪われ、劇的な逆転負けを喫した。

試合後、西野朗監督は、テレビのインタビューの冒頭、「ワールドカップの怖いところでしょうか。追い詰めましたけれども」と話した後、「何が足りないんでしょうね…」と言葉に詰まった。一度は2点をリードしての敗戦を、受け止めきれない様子だった。

長谷部主将は「2点先行して相手が前掛かりになるので、耐えて、カウンターのチャンスがあると思ったが、不用意なボールの取られ方、ミスが重なって、勝負の甘さが出た」と悔しさをにじませた。

一方で、長友選手は「悔しいけれど」と前置きした上で、「自分たちのすべてを出したので、悔いはない」。今大会を振り返り「自分にできることは全てやった。負けて悔しいけど、笑顔で胸張って帰る」と話した。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>