1995.01.17
阪神大震災

 兵庫県の淡路島北東部の明石海峡を震源とする大地震が阪神地区一帯を襲いました。1月17日午前5時46分のことです。マグニチュード7・3、最大震度は観測史上初の7を記録しました。神戸市、西宮市、淡路島などで、耐震構造の弱い建物が多数倒壊し、多くの人が圧死しました。ねじ曲がった高速道路が地震の大きさを物語り、倒壊した建物から広がった火災の被害も甚大でした。

 死者6434人、行方不明3人、負傷者は43792人に上った大震災は、「阪神・淡路大震災」と命名されました。

 災害救助では消防だけでなく、自衛隊も出動し、救命活動やがれきの撤去に活躍しました。時の政権は、社会党の村山富市党首を首相とする自民、社会、新党さきがけの3党連立政権で、社会党は前年に自衛隊を「合憲」と認めたところでした。自衛隊に対する国民の評価は震災を機に大いに改善され、国民の権利を一定程度制限する緊急事態対応を明確にした法整備の必要性も、理解されるようになりました。