1996.12.17
ペルーの日本大使公邸占拠事件

 ペルーの首都リマにある日本大使公邸で開かれた天皇誕生日を祝うレセプションを、反政府ゲリラ「トゥパク・アマル革命運動(MRTA)」のメンバー14人が襲撃し、人質をとって立てこもりました。

 人質の多くは順次解放されましたが、青木盛久大使ら日本人24人を含む72人が残され、占拠は長期化しました。橋本竜太郎首相はアルベルト・フジモリ大統領に「平和的解決」を訴えるとともに、高村正彦外務政務次官がキューバやドミニカ共和国を訪問し、MRTAメンバーの受け入れを求めました。97年4月22日、ペルーの特殊部隊がひそかに掘り進めていた地下トンネルから公邸内に突入し、犯人全員を射殺しました。この銃撃戦で、人質のうちペルーの最高裁判事1人も亡くなりました。フジモリ大統領は事前に橋本首相に突入の決定を伝えていなかったとされています。

 海外で邦人が事故や事件に巻き込まれた際の政府の危機管理対応について、重い課題が突きつけられました。