1997.11.17
北海道拓殖銀行、山一証券が経営破綻

 都市銀行や、国際業務を行っていた証券会社が破綻するという、これまでになかった深刻な金融機関の破綻事例が相次いだのは、11月に入ってからです。

 まず、11月3日に準大手証券会社の三洋証券が、バブル期の積極経営があだとなり、会社更生法の適用を申請しました。17日には北海道拓殖銀行(拓銀)が1年以内の清算を発表し、戦後初の都市銀行の破綻となりました。大蔵省(現在の財務省)は大手銀行は潰さない方針でしたが、北海道銀行との合併による救済策などが不調に終わり、三洋証券の破綻による市場の混乱もあって資金調達ができなくなった結果で、その後、北洋銀行への営業譲渡が決まりました。

 24日には、4大証券の一角を占めていた山一証券が自主廃業に追い込まれました。損失補てんなどの不正が明るみに出たことや、破綻した拓銀の主幹事として資金提供を行っていたことが影響しました。

 拓銀、山一証券の破綻で、日本は未曽有の金融危機に突入しました。