1998.08.31
北朝鮮ミサイルが日本列島越え

 北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン1号」の発射実験を行いました。

 防衛庁(現在の防衛省)の発表では、ミサイルは2段式のブースター部分(推進装置)と弾頭部分からなり、1段目の推進装置は日本海に、2段目の推進装置と弾頭は、太平洋側の三陸沖にそれぞれ落下しました。

 北朝鮮は9月4日になって、「人工衛星の打ち上げに成功」と発表し、翌5日に金正日総書記が国防委員長に再任され、事実上の国家元首となりました。「人工衛星」の発射は、金日成国家主席の死から4年余を経ての権力継承を祝い、国威を発揚するためのものだったと見られています

 ただ、1993年に行われた、日本列島を射程圏内とする長距離弾道ミサイル「ノドン1号」の発射実験とは異なり、テポドン1号が日本列島を越えたことは、日本のみならず、本土が射程圏内に入る可能性が高まった米国にとっても脅威が高まったことを意味し、その後、日米両国が技術面でも協力しながら、ミサイル防衛体制が整備されていくことになります。