2001.02.09
沿岸警備隊の船(左後方)とともに事故現場付近で捜索にあたる日本丸(ハワイ・オアフ島沖5キロで本社チャーターヘリから、2001年2月11日)
ハワイで「えひめ丸」と米原潜が衝突

 米ハワイ州のオアフ島沖で愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」が、米海軍の原子力潜水艦グリーンビルに衝突され沈没、乗員35人のうち9人が死亡・行方不明となりました。

 米政府は、事故原因が米原潜側にあることを認め、謝罪します。

 一方、事故に対する森喜朗首相の対応が批判を浴び、首相交代劇に展開していきます。事故発生時にゴルフをしていて、ただちに首相官邸に戻らなかったことが危機管理上問題だとされたためですが、夏に参院選を控え、森内閣の支持率が低迷していたことへの与党の焦りも、えひめ丸の事故を契機に「森降ろし」が加速した背景にありました。

 公明党や自民党の地方組織から退陣要求を突きつけられた森首相は3月10日、自民党総裁選を9月から4月に前倒しして実施する考えを党幹部に伝え、事実上の「退陣表明」を行います。総裁選の下馬評では橋本竜太郎元首相が有利とされましたが、党員投票で圧倒した小泉純一郎氏が勝って、首相に就きました。