2006.08.11
山中伸弥・京大教授がiPS細胞作成

 皮膚の細胞から、様々な臓器や組織に育つ能力を秘めた新たな「万能細胞」を作製するマウス実験に、京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授と高橋和利特任助手が成功し、その成果が米科学誌「セル」の電子版に掲載されました。

 この細胞は「誘導多能性幹細胞(iPS細胞)」と名付けられ、胚(はい)性幹細胞(ES細胞)に似た性質を持っていました。ES細胞は、受精卵や卵子を材料にして作るため、生命倫理上の問題があるとして、作製禁止を求める意見や動きも根強くありましたが、iPS細胞は生殖細胞を使わずにできる点で、そうした問題をクリアしています。また、人間でiPS細胞を作ることができるようになれば、患者と同じ遺伝子を持つ臓器の再生で拒絶反応のない移植医療が実現すると期待されます。

 山中教授がこの発表からわずか6年後という異例の早さで、2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞したのは、iPS細胞の画期性と、全世界の期待の大きさを端的に示したものでした。