2010YOLPV数ランキング

  • 1.数日間で姿消す「幻の池」、12年ぶりに出現
  • 2.「北への反撃遅く不十分」韓国軍の初動に批判
  • 3.鳩山首相が辞任を表明、小沢幹事長も辞任
  • 4.菅首相続投、官房長官は留任…17日に内閣改造
  • 5.ヨナ「金」、真央「銀」…安藤は5位
  • 6.鳩山氏「ボクはなんだったんでしょう」
  • 7.NHKアナ発言影響?オランダ戦視聴率43%
  • 8.ミケランジェロ、神の姿に解剖図の「隠し絵」
  • 9.社内で英語公用語「バカな話」ホンダ社長
  • 10.立腹した女が命令、男を全裸で駅前歩かせる

読売新聞10大ニュース(3位まで)

国内
  • 1.尖閣諸島沖で中国漁船が海保巡視船と衝突、海上保安官が撮影ビデオを流出
  • 2.ノーベル化学賞に根岸氏、鈴木氏
  • 3.宮崎で「口蹄疫(こうていえき)」発生
海外
  • 1.チリ鉱山落盤事故、33人「奇跡の救出」
  • 2.北朝鮮が韓国を砲撃、韓国側で民間人含む死者4人
  • 3.上海万博開幕、7300万人入場

ウィキリークスや海上保安官の動画投稿が物議

 司法改革で強化された検察審査会の存在感が際立ちました。

 4月、兵庫県の明石歩道橋事故(2001年)をめぐり、不起訴処分となっていた当時の明石署の副署長が、検察審査会の2度にわたる「起訴相当」の議決で強制起訴(1、2審は事実上の無罪で、公訴時効による「免訴」。現在、上告中)されました。この仕組みができてからの初適用でした。

 一方、民主党の小沢一郎・前幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は小沢氏を不起訴としますが、検察審査会は「起訴相当」の議決を2度行いました。この結果、小沢氏は政治家としては初めて、翌年1月に強制起訴されます(その後、無罪確定)。

 民主党政権は迷走を続け、首相は菅直人氏に交代しますが、参院選で大敗し、国会は再び「ねじれ」ました。

 YOLアクセスでも、鳩山首相の辞任表明や「ボクはなんだったんでしょう」というボヤき発言などが上位にランクされています。

 内部告発サイト「ウィキリークス」による米政府の外交公電の暴露は、インターネット時代の国家による情報監視の実態を白日の下にさらしました。沖縄県の尖閣諸島周辺で中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした事件では、船長の釈放を不満とした海上保安官が衝突映像を動画サイトに投稿、物議を醸しました。

 北朝鮮による韓国哨戒艦の撃沈や韓国・延坪島に対する砲撃で、朝鮮半島情勢も緊迫しました。