2013YOLPV数ランキング

  • 1.タレントの桜塚やっくん、中国道ではねられ死亡
  • 2.国家公務員のチョコ盗んだ44歳「ほしかった」
  • 3.運転の桜塚やっくん、車外へ…はねられ心臓破裂
  • 4.ナイフで脅した小6の頭叩いた校長処分…退職
  • 5.元フジTV女子アナ、車で男性はね死なす
  • 6.侍ジャパン、延長戦で台湾破る…4―3
  • 7.車両押して女性救出、ホームの乗客から拍手が…
  • 8.鳩山元首相「尖閣盗んだ」発言…菅長官「絶句」
  • 9.小銃弾提供時、韓国隊「周りは敵だらけ」と切迫
  • 10.「藤原の効果」…台風27・28号の動向複雑に

読売新聞10大ニュース(3位まで)

国内
  • 1.2020年夏季五輪・パラリンピックの開催地が東京に決定
  • 2.富士山が世界文化遺産に決定
  • 3.参院選で自民、公明両党が過半数獲得、ねじれ解消
海外
  • 1.猛烈な台風がフィリピン直撃、死者・行方不明者約8000人
  • 2.英王子の妻キャサリン妃が男児出産
  • 3.露に隕石(いんせき)落下、1200人以上負傷

「反中」「嫌韓」感情が覆う

 第2次安倍晋三政権は日本銀行の「異次元金融緩和」と連携した経済政策「アベノミクス」でデフレからの脱却を図り、円高から円安へと為替の基調が変わり、株価も上昇を始め、雇用情勢も大きく改善した1年でした。民主党に対する視線が依然として厳しかったこともあり、夏の参院選では自民、公明の連立与党が大勝し、国会の「ねじれ」も解消されました。

 中国が東シナ海、南シナ海で示威行動を強め、韓国は歴史問題で日本を責める構図がどんどんエスカレートし、中韓両国が足並みをそろえて、国際社会で安倍政権批判を展開することも常態化しました。そんな中韓に対する反発から、日本では、「反中」「嫌韓」感情が高まり、ヘイト・スピーチの問題も起きました。その傾向は、インターネット上の発信に顕著で、YOLでも中国や韓国の反日的な動きを扱った記事にアクセスが集まりました。

 2020年夏季オリンピック・パラリンピックの東京での開催が決まったのは9月です。東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題の影響が懸念されましたが、東京の「安全、安心」に対する信用が、ライバル都市を上回りました。

 12月に成立した特定秘密保護法をめぐっては、安全保障上重要な情報の保全が現状では不十分だとする声と、国民の「知る権利」の侵害を懸念する声とが鋭く対立しました。

 YOL年間アクセス1位は、タレントの桜塚やっくんが交通事故で亡くなったニュースでした。