2014YOLPV数ランキング

  • 1.金ヨナ「日米の選手じゃなくて良かった」と本音
  • 2.真央転倒、重圧に大技失敗…「何なの」と憤り
  • 3.中国ツイッター「精神に敬服」真央のフリーに涙
  • 4.最新でも危険、「IE」の使用控えて...米で警告
  • 5.中国記者の「ビッグな質問」に失笑...WHO会見
  • 6.入社4か月の女性3等航海士、客船の急旋回指示
  • 7.ポリ袋に逮捕男の診察券や吸い殻...神戸女児遺棄
  • 8.サラ21位、沙羅の結果は「彼女も人間だった」
  • 9.わずか4センチ差の勝者、敗者に「ゴメンな」
  • 10.DASH村「農業の達人」三瓶さん死去...84歳

読売新聞10大ニュース(3位まで)

国内
  • 1.御嶽山噴火で死者57人、行方不明者6人
  • 2.消費税8%スタート
  • 3.ノーベル物理学賞に青色LEDを開発した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏
海外
  • 1.エボラ出血熱でWHOが緊急事態宣言
  • 2.韓国で旅客船「セウォル号」が沈没
  • 3.ノーベル平和賞にパキスタンのマララさんら

国際情勢が不安定化

 ロシアで行われたソチ五輪や、サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会が盛り上がり、YOLでも、フィギュアスケートの韓国のキム・ヨナ選手、浅田真央選手の話題が1、2位を占めました。

 政治は、集団的自衛権の行使を禁じてきた憲法解釈を変更し、限定行使を容認する新たな政府見解が示されました。集団的自衛権の行使を認めることの是非や、憲法解釈の変更によって安全保障政策を大きく変える手法の妥当性をめぐり、国論は二分しました。秋には、安倍晋三首相の肝いりで起用された女性閣僚2人が「政治とカネ」の問題で同時辞任し、国会審議が停滞しますが、安倍首相は年末に意表をつく衆院解散を仕掛けて総選挙に圧勝し、難局を乗り切りました。経済は、円安と原油安を追い風に大企業の業績が上向き、訪日観光客の急増、中でも「爆買」の中国人観光客が話題になりました。

 シリアでの化学兵器使用や、ウクライナからのクリミア分離をめぐるロシアの関与に対し、米オバマ政権が軍事介入を含めた強い対応をとらず、パワーバランスの変化が顕著になる中で、過激派組織「イスラム国(IS)」がインターネットを使って勢力を急拡大し、残虐な映像の発信で世界を脅かしました。

 朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦問題や、東京電力福島第一原発事故をめぐる報道での誤りを認めて謝罪し、新聞業界全体にとっても、信用維持、回復が重い課題となりました。