1995.06.16
読売新聞のウェブサイト誕生

 東京・大手町の読売新聞ニューメディア部。6月16日正午、ここに置かれたサーバーからインターネットに向けた情報発信が始まった。日本の新聞社によるホームページ作りは初の試みだった。とはいえ、最初に発信したのは、社説(日本語・英語)、「デイリー・ヨミウリ」(現「ジャパン・ニューズ」)から選んだ主な英字ニュースのほかは、会社案内などだけ。日本語のニュース配信は準備中で、該当のページに表示されたのは「制作中」の文字だった。