ユヅから感謝、埼玉県羽生市へ「金」のチョコ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

羽生選手から届いたチョコレートに笑顔を見せる河田市長(中央)ら(12日、羽生市役所で)
羽生選手から届いたチョコレートに笑顔を見せる河田市長(中央)ら(12日、羽生市役所で)

 平昌ピョンチャン五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦選手(23)から12日、埼玉県羽生市の河田晃明市長宛てに金メダルの形のチョコレートが届いた。

 市は羽生選手と同じ名前であることから応援団を結成し、五輪会場で声援を送るなどしてきた。思わぬ贈り物に、河田市長は「驚いたが、うれしい。いつか羽生市にも来てほしい」と語った。

 チョコレートは12個入りで表面に金色のコーティングがされ、それぞれに五輪のマークが刻まれている。箱には「YUZURU HANYU」と印字され、羽生選手のサインと「応援ありがとうございました!」のメッセージが書かれた紙も同封されていた。

 羽生市は、2014年のソチ五輪に合わせて市のスポーツ推進委員らによる「羽生市かってに応援団」を結成。2月の平昌五輪では応援団のメンバー4人が会場で羽生選手を応援した。羽生選手の地元・仙台市で行われたパレードにもメンバーを派遣し、河田市長も羽生選手の父親にお祝いのメッセージを送っていた。

 チョコレートは応援団のメンバーに披露した後、皆で大事に食べる予定だという。

29234 0 スポーツ 2018/06/13 06:20:00 2018/06/13 06:20:00 2018/06/13 06:20:00 羽生選手から届いたチョコレートに笑顔を見せる河田市長(中央)ら(12日午後2時27分、羽生市役所で)=福益博子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180613-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ