国枝慎吾と上地結衣が優勝、東京パラ出場権獲得

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

金メダルを獲得し、日の丸を掲げて喜ぶ国枝慎吾(12日)=前田尚紀撮影
金メダルを獲得し、日の丸を掲げて喜ぶ国枝慎吾(12日)=前田尚紀撮影
金メダルを獲得し、2020年東京パラリンピック個人種目での出場権獲得第1号を決めた上地結衣選手(12日、ジャカルタで)=前田尚紀撮影
金メダルを獲得し、2020年東京パラリンピック個人種目での出場権獲得第1号を決めた上地結衣選手(12日、ジャカルタで)=前田尚紀撮影

 【ジャカルタ=清水暢和】障害者スポーツの国際総合大会、アジアパラ大会は12日、ジャカルタで車いすテニスの男女シングルス決勝が行われ、男子の国枝慎吾選手(34)(ユニクロ)、女子の上地かみじ結衣ゆい選手(24)(エイベックス)がともに優勝し、規定により2020年東京パラリンピックの出場権を得た。

 日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会によると、20年東京大会の個人種目での日本選手の出場権獲得は、五輪を含めて初めて。

 08年北京大会、12年ロンドン大会の男子シングルスを連覇した国枝選手は5大会連続、16年リオデジャネイロ大会女子シングルス銅メダルの上地選手は3回目のパラリンピックとなる。

無断転載禁止
44232 0 スポーツ 2018/10/12 20:44:00 2018/10/12 20:44:00 2018/10/12 20:44:00 アジアパラ大会・テニス 女子シングルス決勝 金メダルを獲得し、国旗を掲げて喜ぶ上地結衣(12日、ジャカルタで)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181012-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ