「和」感じる造り…競技場、東京五輪へ建設着々

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

報道陣に公開された体操競技場の巨大木造屋根のリフトアップ作業(7日午前、東京都江東区有明で)=今野絵里撮影
報道陣に公開された体操競技場の巨大木造屋根のリフトアップ作業(7日午前、東京都江東区有明で)=今野絵里撮影
2020年へ建設着々…有明体操競技場
2020年へ建設着々…有明体操競技場

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて建設が進む「有明体操競技場」(東京都江東区)で7日、国内最大級となる木造屋根の一部をリフトアップする作業が報道陣に公開された。

 1万2000席の観客席を持つ同競技場は約200億円をかけて整備され、完成は19年秋の予定。五輪では体操競技、パラリンピックではボッチャの会場となり、大会後は都が展示場として活用する。

 この日は朝から、屋根の中央部分(重さ200トン)がゆっくりとリフトアップされた。屋根は最終的に幅約90メートル、奥行き約120メートルの大きさになる。大会組織委員会は「屋根だけでなく外装にも木材が使われ、日本文化を感じさせる造りになる」としている。

無断転載禁止
48225 0 スポーツ 2018/11/07 13:24:00 2018/11/07 13:24:00 東京オリンピックに向け建設中の有明体操競技場。工事のメインとなる、リフトアップを報道陣に初公開した(7日午前10時23分、東京都江東区有明で)=今野絵里撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181107-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ