羽生結弦、GPファイナル欠場…12月6日開幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

羽生結弦(中央)
羽生結弦(中央)

 日本スケート連盟は29日、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)(ANA)が、12月6日に開幕するグランプリ(GP)ファイナル(カナダ・バンクーバー)を欠場すると発表した。同連盟によると、羽生選手は都内の病院で、右足関節そくかんせつ外側靱帯じんたい損傷などと診断された。負傷した日から3週間の安静と、約1か月のリハビリ治療が必要な見込み。

 羽生選手は11月17日に行われたグランプリ(GP)シリーズ第5戦・ロシア杯の公式練習中に右足首を負傷した。チームドクターの診察で三角靱帯損傷(ねんざ)などと診断されたが、直後のフリー演技に出場して優勝。第3戦・フィンランド大会に続いてGP2連勝で、ファイナル進出を決めていた。

無断転載禁止
51452 0 スポーツ 2018/11/29 13:25:00 2018/11/29 13:25:00 2018/11/29 13:25:00 平昌オリンピック。フィギュアスケート男子。優勝した羽生結弦(中央)、2位の宇野昌磨(左)、3位のハビエル・フェルナンデス=代表撮影。韓国・江陵で。2018年2月17日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181129-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ