読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

シーズンオフの野球はeBASEBALL~真中満さんが語る観戦のポイント

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」(パワプロ)シリーズを使った競技会「eBASEBALL プロリーグ 2020シーズン」(日本野球機構・KONAMI共催)が、12月5日に開幕する。プロリーグは今年で3年目。「もう一つのプロ野球」の楽しみ方を、応援監督を務める元ヤクルト監督の真中満氏に聞いた。

昨年の様子 (c)Nippon Professional Baseball /(c)Konami Digital Entertainment

――プロリーグは今年で3年目を迎えます。

 「1年目、2年目に比べて徐々に浸透し、注目されるようになっていると感じます。ドラフトや予選(プロテスト)に参加したプレーヤーも増えており、裾野が広がっているのでしょう。プロリーグを一気に広げたかったのですが、新型コロナウイルスの影響で無観客開催になってしまった点は残念です。ただ、配信には更に力が入っています。プロプレーヤーが試合中に出す声が、放送に乗るようになったからです。プロプレーヤーは淡々とゲームするイメージを抱かれるかもしれませんが、実は声を張り上げたり、ガッツポーズをしたりと、かなり熱い。僕たち実況・解説陣もプレーヤーたちに負けないくらい、試合を盛り上げていきます」

――実際の野球は見たことがあるが、プロリーグは見たことがないという方も多いですね。観戦のポイントや入り口などを教えてください。

(c)Nippon Professional Baseball /(c)Konami Digital Entertainment

 「自分の好きな球団の試合から見始めると良いでしょう。ルールや試合の進み方は実際の野球と同じです。1試合が5イニングと短く、約30分で観戦できる手軽さが魅力で、気軽に観戦してみましょう。試合中は、実際の野球と比べながら観戦するとより楽しめます。好きな選手を応援して『ゲームでも強いな』と満足したり、意外な選手の活躍に『実際のプロ野球でも頑張ってほしい』と期待したり。ヤクルトのスラッガーとして活躍する村上宗隆選手は、プロリーグ2018シーズンで活躍し、翌年には実際のプロ野球でブレイクしました。球速や足の速さなどゲーム内の選手の能力は、実績に基づいて毎年、更新されます。実際のプロ野球とeBASEBALL プロリーグの両輪で観戦すると、プロ野球への関心が深まります」

――自分でプレーしないゲームを観戦するのは、なかなか難しいかもしれません。

 「ゲームは自ら操作し、プレーするイメージが強いですが、野球観戦と考えればハードルは下がると思います。選手の起用法、球種の配分、継投や代打、代走など、ルールは実際の野球と何ら変わりません。プレーヤー間の駆け引きも、実際の野球のように存在しますので、プロプレーヤーの技術を楽しんでみてください。パワプロには投手を操作してピッチングするとき、タイミングよくボタンを押すと、ボールの速さやコントロールがよくなる『ナイスピッチ』というテクニックがあります。成功するタイミングは60分の1秒ととてもシビアですが、プロプレーヤーは当たり前のようにナイスピッチを繰り返します。野球を入り口にプロリーグの世界を歩いていく流れがいいでしょう」

――応援監督に就任する前に抱いていた「eスポーツ」や「eBASEBALL プロリーグ」のイメージは、応援監督になってどう変わりましたか?

豪華実況・解説人が試合を盛り上げる(中央が真中さん) (c)Nippon Professional Baseball /(c)Konami Digital Entertainment

 「最初は『ゲームの戦いを解説するとは?』と戸惑いました。でも、プロプレーヤーの緊張感や取り組む姿勢を見て、戸惑いはなくなりました。プロプレーヤーには、『自らを追い込み、試合に備え、ベストなプレーをしよう』との意気込みを感じます。1日十数時間練習する人もいると聞きます。試合前も極度の緊張で何度もトイレに行ったり、舞台裏で集中していたり。会場でプロプレーヤーと話すと、はきはき話すし、あいさつもしっかりする。立派なスポーツマンとして、リスペクトしています。日本では『スポーツ』は、体を動かして汗をかくイメージが強い。一方、eBASEBALLは指先、感覚のスポーツ。コントローラーの操作は1ミリ未満と精密で、コンマ1秒以下のタイミングで選手を動かしていく。今までイメージしていたスポーツとは違ったスポーツと言えるでしょう」

――昨年は、ゲーム内で王貞治さんなど「レジェンドOB選手」が登場しました。ゲームならではの魅力はありますか?

昨年日本一に輝いた巨人 (c)Nippon Professional Baseball /(c)Konami Digital Entertainment

 「OB選手を起用して、実際の野球ではできないドリームチームが組めるのはゲームならではですよね。選手の強さは現役時代を参考にしており、松井秀喜選手の長打力や、赤星憲広選手の走力はものすごかったです。今年は各球団に監督、コーチとして所属しているOB選手を起用できるので、誰がどの試合に登場するかにも注目です。昨年は僕もゲーム内で出場しました。古田敦也選手より能力が低く、ちょっぴり寂しかったですが、ヤクルトのプロプレーヤーの頑張りで活躍できました。KONAMIさん、僕をもうちょっと強くしてください!」

――これから観戦をする方にメッセージをお願いします。

 「読売ジャイアンツは昨年、日本一で、今年は連覇に期待がかかります。実際のプロ野球がオフになる12月に開幕するので、1年間を通して野球を楽しめます。プロ野球はもとより、eBASEBALL プロリーグの応援もぜひよろしくお願いします。シーズンオフの寂しさを吹き飛ばせるはずです」

 真中 満(まなか・みつる)
 野球解説者・評論家。1992年にヤクルトスワローズに入団し、主軸として活躍後、2014年10月にヤクルトの監督に就任し、就任1年目の15年にリーグ優勝を果たす。監督退任後は野球解説者として多くのメディアで活躍し、19年にeBASEBALL プロリーグの応援監督に任命される。

【関連リンク】
練習は1日10時間!~「eBASEBALL」のプロプレーヤーの生活とは?
「eスポーツ」コーナー
「eBASEBALLプロリーグ」公式サイト
KONAMIパワプロ・プロスピ公式チャンネル(YouTube)
NPB eスポーツ公式チャンネル(YouTube)

無断転載・複製を禁じます
1658048 0 eスポーツ 2020/11/27 18:00:08 2020/11/29 17:10:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/pawa01.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)