文字サイズ

    ケルバーとセリーナで決勝…ウィンブルドン女子

    • 女子シングルス準決勝、オスタペンコを破り決勝進出を決めたケルバー(12日)=川崎公太撮影
      女子シングルス準決勝、オスタペンコを破り決勝進出を決めたケルバー(12日)=川崎公太撮影

     テニスのウィンブルドン選手権は12日、第10日の女子シングルス準決勝で、アンゲリク・ケルバー(独)がエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を破り、2年ぶりとなる決勝進出。セリーナ・ウィリアムズ(米)はユリア・ゲルゲス(独)をストレートで退け、8度目の優勝に王手をかけた。

     男子シングルスは11日の準々決勝で錦織圭(日清食品)を下したノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界ランキング1位で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)、第9シードのジョン・イスナー(米)が準決勝に駒を進めている。

    2018年07月13日 00時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集
    アーカイブ