文字サイズ

    手術受けた「でん部」状態悪く…マリー引退示唆

     男子テニスのアンディ・マリー(31)=英=が11日、全豪オープン(14日開幕、メルボルン)の会場で記者会見し、今大会が現役最後となる可能性を示唆した。昨年1月に手術を受けた臀部(でんぶ)の状態が悪く、「(7月の)ウィンブルドンで引退したいがそうなるか分からない。全豪が最後の試合になるかもしれない」と語った。A・マリーは四大大会3勝を含むツアー通算45勝を挙げ、五輪では2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両大会で金メダル獲得。(時事)

    2019年01月11日 17時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ