甲子園ボウル11度V、関学・鳥内監督来季限り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2019年度シーズン限りでの退任を発表した鳥内監督(大阪市内で)
2019年度シーズン限りでの退任を発表した鳥内監督(大阪市内で)

 関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(60)は11日、来季の2019年度を最後に退任すると発表した。同日、大阪市内で行われた「甲子園ボウル優勝祝賀会」で「昨年から決めていた。次の世代に任せていこうということ」と語った。後任は、来季終了後に発表される。

 鳥内監督は1992年に就任し、ここまでの27シーズンで甲子園ボウル11度優勝。2001年度には社会人日本一と対戦する「ライスボウル」を制して日本一になった。

無断転載禁止
439274 0 その他 2019/02/12 13:43:00 2019/02/12 13:45:04 2019/02/12 13:45:04 2019年度限りでの退任を発表した後、取材に応じる鳥内監督(大阪市内で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190211-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ