[東京マラソン2019]有力選手紹介<1>大迫傑 27(ナイキ)…MGCへ「記録より勝負」

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

4度目のマラソンで初勝利を目指す大迫傑
4度目のマラソンで初勝利を目指す大迫傑

 東京マラソン2019(読売新聞社など共催)が3月3日に行われる。20年東京五輪代表を決める今年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)へ、世界屈指の高速レースで進化を求める選手や、出場権獲得を狙う実力者を紹介する。

 17年春、ボストンで初マラソンを走った頃には、まだトラック種目で東京五輪に挑むプランも残っていた。だが、マラソンでの成功を重ね、その考えは消えた。「単純に、自分が戦えるフィールドはここかなと感じた。トラックでもできると思っていたが、より適性があるのがマラソンだった」

 18年10月のシカゴで、設楽悠太(ホンダ)の日本記録(当時)を21秒更新する2時間5分50秒をマーク。日本人初の「5分台」に注目が集まったが「記録は自分がコントロールできる範囲外。ペースや気候(の影響)もあるし、そこに集中するのはナンセンス」と言い切る。

 初マラソンを経験した後、大会選びで大迫が何より重視したのは、「勝負に絡む」ことだった。2戦目は東京やベルリンなど世界最高峰の大会で構成される「ワールド・マラソン・メジャーズ」で好記録を狙う選択肢もあったが、17年12月の福岡国際に出場。「しっかり勝負ができるレースをしておきたい。その可能性はメジャーズより福岡の方がでかい」と語っていた。

 現状の実力と、その後の練習計画、大会のレベルを冷静に見極めて選んだ過去3戦。いずれも終盤まで先頭集団に食らいつき、順位は全て3位という安定ぶりを発揮した。駆け引きなどの経験を糧に、先頭を争う距離も着実に伸ばした。今回、4度目のマラソンに東京を選んだのは、2時間3~4分台の記録を持つ海外の強豪とも優勝を争える自信を得たからに他ならない。

 MGC本番を前に、最後のマラソン出場となる公算が大きいが、「本当に目の前の大会で勝負することしか考えていない。限界を決めずに、この瞬間、瞬間を頑張っていく」。力を尽くしたゴールの先に、また一つ階段を上った自分を思い描くだけだ。(西口大地)

462419 1 その他 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 陸上記録会「八王子ロングディスタンス」。男子1万メートルに出場した男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(すぐる)(ナイキ)。東京都町田市の法大多摩キャンパスで。2018年11月24日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190225-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ