萩野、日本選手権欠場へ…モチベーション保てず

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 競泳でリオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介選手(24)(ブリヂストン)が15日、自身の公式サイトで、4月の日本選手権を欠場すると発表した。「モチベーション(意欲)を保つことがきつくなっていきました」などと理由をつづった。

 「ご報告」と題した投稿で萩野選手は、「理想と現実の結果の差が少しずつ開いていた。今は競技に正面から向き合える気持ちではない。自分の心ともう一度しっかり向き合いたい」などと心境を明かした。

 萩野選手は2月中旬出発予定だったスペイン合宿の参加を見送り、国内で調整していた。15日、成田空港で取材に応じたコーチの平井伯昌のりまさ・日本代表監督は「今は休みが必要」と話した。日本選手権は今夏の世界選手権の代表選考会を兼ねる。5月のジャパンオープンでも追加選考があるが、平井監督は世界選手権出場について「事実上なかなか厳しい」と話した。

490547 0 その他 2019/03/15 14:05:00 2019/03/15 14:05:00 2019/03/15 14:05:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ