京大出身の山西、全日本競歩制す…世界選手権へ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上の全日本競歩能美大会が17日、石川・能美市営20キロコースで行われ、山西利和(愛知製鋼)が1時間17分15秒で初優勝を飾り、今秋の世界選手権ドーハ大会の日本代表に内定した。山西は京大出身で、昨夏のアジア大会銀メダリスト。川野将虎(東洋大)が9秒差の2位、池田向希(同)が3位に入った。4年前にこの大会で世界記録を樹立した鈴木雄介(富士通)は4位だった。

493517 0 その他 2019/03/17 10:56:00 2019/03/17 10:56:00 2019/03/17 10:56:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ