全日本柔道、ウルフ・アロン初優勝…原沢は敗退

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

加藤博剛を破って初優勝を果たしたウルフ・アロン(右)(29日)=守谷遼平撮影
加藤博剛を破って初優勝を果たしたウルフ・アロン(右)(29日)=守谷遼平撮影

 柔道・全日本選手権(29日・日本武道館)――体重無差別で男子日本一の座を争い、2017年世界選手権100キロ級覇者のウルフ・アロン(了徳寺学園職)が、7年ぶりのタイトル奪還を目指した加藤博剛(千葉県警)を決勝で下し、初優勝を果たした。連覇に挑んだ原沢久喜(百五銀行)は準々決勝で敗れたが、世界選手権100キロ超級代表には選出された。史上最年少の17歳1か月で出場した斉藤たつる(東京・国士舘高)は3回戦で加藤に一本負けした。

無断転載禁止
560744 0 その他 2019/04/29 19:02:00 2019/04/29 23:05:48 2019/04/29 23:05:48 日本柔道選手権大会、男子無差別、決勝戦、支え釣り込み足で技ありを取り、優勝したウルフ・アロン(右)(29日、日本武道館で)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190429-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ