世界水泳、乾がAS・ソロフリーで2個目の銅

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ソロFRで銅メダルを獲得した乾友紀子(17日)=原田拓未撮影
ソロFRで銅メダルを獲得した乾友紀子(17日)=原田拓未撮影

 【光州クァンジュ(韓国)=北谷圭】水泳の世界選手権第6日は17日、韓国・光州で行われ、アーティスティックスイミング(AS)の非五輪種目、ソロ・フリールーティン(FR)決勝で、日本の乾友紀子(井村ク)が93・2000点で3位。ソロのテクニカルルーティン(TR)に続く銅メダルを獲得した。

 女子高飛び込み決勝は、荒井祭里まつり(JSS宝塚)が9位で、この種目の東京五輪代表が正式に内定。男子3メートル板飛び込み予選は、38歳の寺内健(ミキハウス)が19位、坂井しょう(同)が28位で敗退した。21日から始まる競泳の日本代表は、現地入りした。

無断転載禁止
695385 0 その他 2019/07/17 20:38:00 2019/07/17 23:29:27 2019/07/17 23:29:27 アーティスティックスイミング・ソロフリールーティン(FR)で銅メダルになった乾友紀子(17日午後7時57分、韓国・光州の念珠総合体育館アーティスティックスイミング競技場で)=原田拓未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190717-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ