ダービー馬で大種牡馬、キングカメハメハ死ぬ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2004年の日本ダービーを優勝したキングカメハメハ。馬上は安藤騎手。馬を引く金子真人さん(左から2人目)
2004年の日本ダービーを優勝したキングカメハメハ。馬上は安藤騎手。馬を引く金子真人さん(左から2人目)

 2004年の日本ダービーなど中央競馬のGIを2勝し、種牡馬しゅぼばとしてもGI6勝のロードカナロアなど多くの活躍馬を出したキングカメハメハ(18歳)が9日夜、北海道安平町の牧場「社台スタリオンステーション」で死んだ。同牧場によると、同馬は免疫機能低下のため種牡馬を引退して療養していたが、9日夕に体調が急変し、午後11時頃に馬房で息を引き取った。馬主は先月30日に死んだディープインパクトと同じ金子真人さん。

 キングカメハメハは03年11月にデビューし、04年5月のNHKマイルCでGI初優勝。その3週後にダービーを2分23秒3のレコード(当時)で制した。3歳牡馬はクラシック第1弾の皐月さつき賞(芝2000メートル)からダービーに向かうのが主流だが、スピードが必要な1600メートルとスタミナが問われる2400メートルという性格の異なるGIで連勝し、高い能力を示した。

 同年9月の神戸新聞杯(G2)で勝った後に右前脚の故障が判明し、通算8戦7勝で引退。10年から2年連続で最多賞金獲得種牡馬に輝き、12年からディープインパクトに1位を奪われて以降も昨年まで7年連続2位だった。ドゥラメンテ、レイデオロのダービー馬2頭や3歳牝馬ひんば3冠のアパパネ、ダートで活躍したホッコータルマエなどを送り出し、ロードカナロアは昨年の年度代表馬アーモンドアイの父となった。

 主戦騎手だった安藤勝己さんは自身のツイッターで「ダービーは負ける気がしなかった。そんな強さを語り継いであげることが一番の供養」と死を悼んだ。

無断転載禁止
735310 0 その他 2019/08/10 18:29:00 2019/08/10 21:54:21 2019/08/10 21:54:21 第71回日本ダービー 地方競馬出身で初めて優勝したキングカメハメハの安藤勝己騎手。ゴール後、観客の大声援に応える。府中・東京競馬場で。2004年5月30日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190810-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ