五輪内定の川井、3大会連続の金…レスリング57キロ級

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 レスリングの世界選手権は19日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子57キロ級決勝は、前日東京五輪代表に内定した川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が中国選手を下して3大会連続の金メダルを獲得した。リオデジャネイロ五輪金メダリストで女子68キロ級の土性沙羅(東新住建)、62キロ級の川井友香子(至学館大)はともに3回戦で敗れたが、対戦相手が決勝へ進んだため、2人は20日の敗者復活戦へ回る。男子フリースタイル65キロ級で連覇を目指した乙黒拓斗(山梨学院大)も敗者復活戦に進んだ。57キロ級の高橋侑希(ALSOK)は4回戦敗退。

無断転載・複製を禁じます
804246 0 その他 2019/09/19 21:37:00 2019/09/19 22:16:58 2019/09/19 22:16:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ