藤田菜七子、JRA女性騎手で初の重賞制覇

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中央馬と地方馬の交流重賞競走「東京盃(はい)」(ダート1200メートル)が2日、東京・大井競馬場で行われ、日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)が、JRA所属の女性騎手として重賞初制覇を果たした。藤田騎手は1番人気のコパノキッキング(セン4歳)に騎乗、好スタートから先頭に立ち、2着に4馬身差をつけて逃げ切った。

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)(美浦・根本康広厩舎(きゅうしゃ))が2日、東京・大井競馬場で行われた地方との交流重賞競走「東京盃(はい)」(ダート1200メートル)でコパノキッキング(セン(せん)4歳、栗東・村山明厩舎)に騎乗して1着となり、日本の女性騎手として中央と地方交流を通じて初めて重賞を制覇した。

 9月に自身が持つJRAの女性騎手年間最多勝記録を更新するなど好調の藤田騎手は、この日は好スタートから先頭に立つと、2着に4馬身差をつけて逃げ切り、単勝1・5倍の断然人気に応えた。

 デビュー4年目、重賞挑戦24戦目で栄冠を手にした藤田騎手は「大井の直線がこんなに長く感じたのは初めて。ずっと乗せてくれた皆様に感謝したい」を喜びをかみ締めていた。

無断転載禁止
824948 0 その他 2019/10/02 20:47:00 2019/11/02 21:00:03 2019/11/02 21:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ