日本男子団体、2大会連続の銅メダル…世界体操

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子団体総合決勝で、つり輪の演技をする谷川航(9日)=三浦邦彦撮影
男子団体総合決勝で、つり輪の演技をする谷川航(9日)=三浦邦彦撮影

 体操の世界選手権は第6日の9日、ドイツのシュツットガルトで男子団体総合決勝が行われ、日本(谷川かける=順大、谷川わたる=セントラルスポーツ、萱和磨=同、神本雄也=コナミスポーツ、橋本大輝=千葉・市船橋高)は計258・159点で、2大会連続となる銅メダルだった。ロシアが旧ソ連時代の1991年大会以来、28年ぶりとなる金メダル。2連覇に挑んだ中国は2位だった。日本はあん馬からスタートし、前半は順調に得点を積み重ねたが、後半にミスが相次いだ。

無断転載禁止
838058 0 その他 2019/10/10 00:14:00 2019/10/10 00:14:00 2019/10/10 00:14:00 体操・世界選手権 男子団体総合決勝でつり輪の演技をする谷川航(9日、ドイツ・シュツットガルトで)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191010-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ