ツールドさいたま、新城幸也が日本人で初優勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

メインレースで優勝した新城幸也(右)=飯島啓太撮影
メインレースで優勝した新城幸也(右)=飯島啓太撮影

 世界の一流選手が集まる自転車ロードレース「2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が27日、さいたま市で開催され、フランスを拠点に活躍する新城あらしろ幸也選手(35)が日本人で初めて優勝した。

 JRさいたま新都心駅周辺(1周約3・5キロ)のコースを17周するメインレースには、今年のツール・ド・フランス本大会を制したコロンビアのエガン・ベルナル選手(22)ら50人が出場。終盤に新城選手が首位に躍り出ると、観客からは大きな歓声が上がった。新城選手は「体が自然と前に出て逃げ切れた。日本人として初優勝できて誇りに思う」と笑顔を見せた。

 大会は今年で7回目。読売新聞東京本社などがオフィシャルメディアパートナーを務めた。

無断転載・複製を禁じます
867087 0 その他 2019/10/27 20:25:00 2019/10/27 22:19:14 2019/10/27 22:19:14 さいたまクリテリウム クリテリウムメインレースで優勝した新城幸也(27日、さいたま市で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191027-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ