南、ゆか1位で決勝へ…体操W杯 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 体操の種目別で争うワールドカップ(W杯)コトブス大会は21日、ドイツのコトブスで予選が行われ、男子はゆかで南一輝(仙台大)が14・866点で1位となり、上位8人による決勝に進んだ。つり輪の長野託也(朝日生命)は5位。あん馬の今林開人(セントラルスポーツ)は8位で予選を通過したが、亀山耕平(徳洲会)は14位で敗退。女子跳馬の坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)は4位で決勝に進出した。今季の種目別W杯は来年3月までに4戦を実施。昨季との合計8戦の成績を基に、各種目1人が東京五輪出場権を獲得する。(時事)

無断転載禁止
912421 0 その他 2019/11/22 10:11:00 2019/11/22 10:11:00 2019/11/22 10:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ