日本人トップ6位の吉田香織、五輪代表条件に届かず…さいたま国際

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

一斉にスタートする選手たち(8日、さいたま市で)=松本拓也撮影
一斉にスタートする選手たち(8日、さいたま市で)=松本拓也撮影
両手をあげてゴールする優勝したペレス・ジェプチルチル(8日)=松本拓也撮影
両手をあげてゴールする優勝したペレス・ジェプチルチル(8日)=松本拓也撮影
日本人トップの6位でゴールした吉田香織(8日)=松本拓也撮影
日本人トップの6位でゴールした吉田香織(8日)=松本拓也撮影

 陸上・さいたま国際マラソン(8日・さいたまスーパーアリーナ発着=読売新聞社など主催、特別協賛りそなグループ)――東京五輪代表の3人目を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ女子初戦で、吉田香織(TEAM R×L)が2時間35分15秒で日本人トップの6位に入ったが、代表入りの条件となる派遣設定記録2時間22分22秒には届かなかった。ペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間23分50秒で優勝した。(スタート時=晴れ、気温7度、湿度46%、北西の風0・1メートル)

無断転載・複製を禁じます
938865 0 その他 2019/12/08 17:45:00 2019/12/09 08:41:07 2019/12/09 08:41:07 第5回さいたま国際マラソン 日本人トップの6位でゴールした吉田香織(8日、さいたま市で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191208-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ