交通事故で負傷の桃田選手、サングラスにマスク姿で帰国の途に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

15日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、出国手続きに向かう桃田選手(左)=大重真弓撮影
15日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、出国手続きに向かう桃田選手(左)=大重真弓撮影

 【クアラルンプール=大重真弓】遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷し、首都クアラルンプール近郊の病院に入院していたバドミントン男子シングルスの桃田賢斗選手(25)が退院し、15日朝、帰国の途についた。

 クアラルンプール国際空港にサングラスにマスク姿で到着した桃田選手は、関係者に守られながら、歩いて搭乗口に向かった。15日夕に成田空港に到着する予定だ。

 桃田選手は現地時間13日午前5時頃、帰国のため宿泊先から空港に移動していたところ、乗っていたワゴン車が高速道路でトラックに追突して顔などを負傷した。

無断転載禁止
1001146 0 その他 2020/01/15 11:12:00 2020/01/15 11:12:00 2020/01/15 11:12:00 クアラルンプール国際空港で、出国手続きに向かう桃田選手(左)(15日午前8時18分、マレーシア・クアラルンプールで)=大重真弓撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200115-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ