ジョセフHC「ワンチーム、より良いものに」…次回W杯へ決意

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2023年ワールドカップに向けて意気込みを語るジョセフ・ヘッドコーチ(左)。右は日本ラグビー協会の藤井強化委員長(29日)
2023年ワールドカップに向けて意気込みを語るジョセフ・ヘッドコーチ(左)。右は日本ラグビー協会の藤井強化委員長(29日)

 昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本代表を初の8強に導き、2023年末まで契約を更新したジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が29日、東京都内で記者会見に臨み、「日本ラグビーの強化、発展を(次回W杯が開催される)23年に向けて続ける責任がある」と決意を述べた。

 ジョセフHCは、目指す戦い方について、「ラグビーは変わり続ける。これまでと全く違ったことをやる気はないが、自分たちのやっていることを信じつつ、変わっていくことも必要」と話した。チームスローガンの「ワンチーム」は「成功できた要因で、応援してもらえた理由。より良いものにしたい」と継続する意向を示した。

 5月のトップリーグ終了後に代表合宿をスタートさせ、6月にウェールズ代表、7月にはイングランド代表とテストマッチ(代表チーム同士の国際試合)を国内で戦う。

無断転載・複製を禁じます
1026274 0 その他 2020/01/29 18:05:00 2020/01/29 18:05:00 2020/01/29 18:05:00 2023年のワールドカップに向けて意気込みを語るラグビー日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(左)。右は日本ラグビー協会の藤井雄一郎・男子15人制日本代表強化委員長(1月29日、東京都新宿区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200129-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ