30年冬季五輪招致、札幌を候補都市に…JOC正式決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本オリンピック委員会(JOC)は29日、東京都内で理事会を開き、2030年冬季五輪・パラリンピックの招致を目指す国内候補地として、札幌市を正式に承認した。同市は今後、国際オリンピック委員会(IOC)などで組織する「将来開催地委員会」と協議しながら、開催計画を具体化していく。

 同市は当初、26年大会に向けて招致活動を進めたが、18年の北海道地震の影響を考慮し、30年大会に招致目標を切り替えていた。

 IOCは昨年6月の総会で、開催地の選定時期を「原則7年前」とする五輪憲章の規定を削除し、継続的に調査する方式を採用している。30年大会についての選定時期は未定。ソルトレークシティー(米)やピレネー・バルセロナ(スペイン)も、招致に意欲を見せている。

無断転載・複製を禁じます
1026289 0 その他 2020/01/29 18:22:00 2020/01/30 05:02:30 2020/01/30 05:02:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ