前田穂南、青梅マラソン30キロで日本新・初優勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上・青梅マラソン(16日・東京都青梅市発着30キロ、10キロ公認コース=読売新聞社など後援)――女子30キロは、東京五輪マラソン代表に内定している前田穂南(天満屋)が、日本新記録の1時間38分35秒で初優勝した。従来の記録は、野口みずきが2005年のベルリンマラソン(男女混合大会)の30キロ通過時点でマークした1時間38分49秒。男子30キロは、田口雅也(ホンダ)が1時間30分45秒で制した。

無断転載禁止
1055762 0 その他 2020/02/16 13:23:00 2020/03/18 14:00:02 2020/03/18 14:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ