東京メトロ女子駅伝部、選手4人でスタート

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京メトロは19日、4月発足の女子駅伝部の体制を発表した。2019年アジアユース選手権3000メートル銀の高松いずみ(長野・長野東高)、15年高校総体中距離2冠の向井智香(名城大)ら4選手でスタートし、来年からの実業団駅伝出場を目指す。1996年アトランタ五輪女子5000メートル4位の志水見千子監督は「まずは自己ベストを目標に、将来の駅伝日本一を目指したい」と語った。97年世界選手権女子マラソン金の鈴木博美さんがアドバイザーを務め、東大とコンディショニングに関する共同研究を進める。

無断転載禁止
1061507 0 その他 2020/02/19 18:41:00 2020/02/19 18:41:00 2020/02/19 18:41:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ