バド全英OP、福島・広田組が初優勝…中国ぺアにストレート勝ち

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

初優勝を飾り、笑顔を見せる福島(右)と広田=岡田浩幸撮影
初優勝を飾り、笑顔を見せる福島(右)と広田=岡田浩幸撮影

 【バーミンガム(英)=岡田浩幸】バドミントンの全英オープンは15日、英国のバーミンガムで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスは、福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)が、杜●、李茵暉組(中国)に2―0のストレートで勝ち、初優勝を飾った。この種目の日本勢の優勝は、2016年の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)以来。1899年に始まった全英オープンは、世界選手権や1992年バルセロナ大会から正式競技になった五輪よりも歴史が古く、かつては事実上の世界一決定戦とされていた。

(●は王へんに月)

残り:0文字/全文:251文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1110095 0 その他 2020/03/15 22:38:00 2020/03/16 12:15:09 2020/03/16 12:15:09 初優勝を飾り、笑顔を見せる福島(右)と広田(15日、英バーミンガムで)=岡田浩幸撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200316-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ