ルメール騎手、ドバイ国際競走から帰国後に自宅待機…JRA要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 競馬のドバイ国際競走に参加するため、アラブ首長国連邦(UAE)入りしていた日本中央競馬会(JRA)所属でフランス出身のクリストフ・ルメール騎手(40)に対し、JRAが帰国後14日間の自宅待機を要請したことが23日、分かった。有力馬のアーモンドアイ(めす5歳)などに乗る予定だったが、レースは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止された。

 ルメール騎手は28、29日と4月4、5日に行われる中央競馬で騎乗できない見通しで、この期間に行われる高松宮記念などのGIレースに参加できなくなった。

無断転載禁止
1124296 0 その他 2020/03/23 21:46:00 2020/03/23 21:46:00 2020/03/23 21:46:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ