NBA選手会が給与カットに合意、コロナでシーズン中止なら…最大861億円削減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=福井浩介】米プロバスケットボール協会(NBA)と選手会は17日、新型コロナウイルス感染拡大により中断中のレギュラーシーズンとプレーオフが行われなかった場合、段階的に選手の給与を削減することで合意したと発表した。5月15日の支払い分から25%が減額される。

 NBAと選手会との協約は、伝染病や戦争など不可抗力の事態が起きた場合、中止された試合数に応じて選手の給与が削減されると定めている。AP通信によるとレギュラーシーズンは259試合が未消化で、全て中止されると全選手で総額約8億ドル(約861億円)が削減されることになる。

無断転載・複製を禁じます
1173536 0 その他 2020/04/18 10:59:00 2020/04/18 10:59:00 2020/04/18 10:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ