JRA、中央競馬を引き続き無観客で…日本ダービーは戦時中の1944年以来

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本中央競馬会(JRA)は23日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、25日から5月31日までの中央競馬を引き続き、無観客で実施すると発表した。期間中には競馬の祭典として親しまれている日本ダービーや天皇賞(春)、オークスなど多くのGI競走が予定されている。ダービーが無観客で行われるのは戦時中の1944年以来で、JRA設立以降では初めて。

 緊急事態宣言の期限の5月6日より先のGIも無観客で行うことについて、JRAは「多くのファンが訪れ、政府が自粛を求めている大規模イベントにあたると判断した」と説明した。騎手が土曜と日曜で違う競馬場で騎乗することを原則的に禁じたり、一部を除いて関東馬の関西遠征や関西馬の関東遠征を認めなかったりする感染防止策も来月31日まで継続する。

無断転載・複製を禁じます
1183166 0 その他 2020/04/23 19:54:00 2020/04/23 19:54:00 2020/04/23 19:54:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ