読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

谷本道哉の【すぐやる健康体操】スクワット編

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる外出の自粛で自宅にいる時間が増えると、気になるのはやはり運動不足。「筋肉は裏切らない」の決めゼリフでおなじみの近畿大・谷本道哉准教授に、子供からお年寄りまで、自宅で簡単にできる「すぐやる健康体操」を紹介してもらう。まずは、スクワットから。

しっかり深く強い負荷

 コロナ自粛で家に籠もっていると、体力がどんどん落ちてしまいます。特に、足腰の筋肉は「立つ・歩く」など、日常生活に欠かせません。この筋力が落ちると、高齢者の中には、自立した生活が困難になってしまう人も出てきます。若い人も人ごとではありません。明日は我が身ですよ。

 足腰の筋肉を鍛えるにはやはりスクワット。やみくもに回数をこなすのではなく、少ない回数でもしっかり深くしゃがんで強い負荷をかけて行いましょう。

 浅いスクワットは浅はかなスクワットですよ!

つま先外向き、膝は内へ入らぬように

 いろいろなフォーム、やり方がありますが、ここでは最も簡単に、適正に、効果的なフォームで行える方法を紹介します。

 足幅をやや広めにとり、つま先を45度程度、外側に向けます。背筋をしっかり伸ばして、痛みのない範囲で「できるところまで深く」しゃがんで立ち上がります。膝が内側に入らないように注意しましょう。

 きつい人はテーブルに手をついて。強い人は膝を伸ばし切らずに動作を繰り返します。痛みのない範囲で行ってください。

 10~15回程度で、できる回数を、1日おきくらいに行うと良いでしょう。

 (次回は腕立て伏せ)

プロフィル

 たにもと・みちや 1972年生まれ、静岡県出身。大阪大学工学部卒、東京大学大学院で博士号を取得。2013年から近畿大生物理工学部准教授として、筋生理学などを教える。NHK番組「みんなで筋肉体操」など、筋トレの指導役としても活躍。

無断転載・複製を禁じます
1186321 0 その他 2020/04/25 15:00:00 2020/04/26 00:33:58 2020/04/26 00:33:58 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200425-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)