末続慎吾が高校生にメッセージ「総体中止に絶望、それは君が真剣だったから」…「あきらめるな」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

すえつぐ・しんご 熊本市出身。熊本・九州学院高を卒業後、東海大2年で2000年シドニー五輪に初出場。03年世界選手権200メートルで、男子短距離ではアジア選手初の表彰台となる銅メダルを獲得した。五輪は04年アテネ、08年北京と3大会連続出場。
すえつぐ・しんご 熊本市出身。熊本・九州学院高を卒業後、東海大2年で2000年シドニー五輪に初出場。03年世界選手権200メートルで、男子短距離ではアジア選手初の表彰台となる銅メダルを獲得した。五輪は04年アテネ、08年北京と3大会連続出場。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、今夏の全国高校総体(インターハイ)が中止となった。多くの高校生が大きな目標を失い、大学への推薦入学など進路を決める上で重要な大会の中止に不安を抱える。北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの末続慎吾(39)(イーグルラン)が、そんな高校生たちへ向けたメッセージを読売新聞に寄稿した。

    ◇

 高校生の君へ。

 全国高校総体が中止となった。僕らスポーツに携わり人生を歩んできた人間にとって、高校総体はいわば「大学受験」みたいなものだった。高校総体を通して、これから先のことも考えていた高校生は、不安でいっぱいではないか。

 だからこそ、今の君たちに伝えたいことがある。

 僕にとって高校総体は、必ずしも輝かしいものではなかった。1年は200メートルで予選敗退、2年は200メートルで8位。3年では大会約1か月前に体育の授業で足を18針縫う大けがをして、100メートルで8位、200メートルは走りきれず予選敗退。語り継がれるほどの実績ではない。ただ、今思えばそれも幸せなことだった。

 その後も陸上を続け、日本、アジアで一番になった。そして五輪、世界選手権でメダルを取った。僕はスポーツ選手が持つ夢をかなえた。

 でも、同時に夢そのものも失った。叶えてしまったのだから。僕は勝つことだけを、メダルを目指した。勝利やメダルという「結果」が夢だった。でも、その夢を叶えた後、どうしても幸せを感じられなかった。

 そして僕が知ったのは、大切なのは夢を叶えたかどうかではないということ。一番大切なのは、「どれだけ真剣にできたか」ということだと知った。

 突然、目の前から夢や目標がなくなった時、君は何を思っただろうか? 真剣であればあったほど、絶望や虚無感を覚えただろう。でも、これだけは言える。それは君が本当に真剣だったからだ。絶望を目の前にした今は、本当は君たちにとって一番大切なことを知る時間でもある。

 高校総体は中止でも、それだけで人生は終わらないし、全ての答えになることも絶対にない。今できることを真剣にしていれば、その誠実さを見て、過程を見て、導いてくれる大人は必ずいる。少なくとも僕はそういう大人に何度も救われ、これまで走ってこられた。

 だからこそ、今は真剣さを失うな。そして、あきらめるな。

無断転載禁止
1200886 0 その他 2020/05/03 00:24:00 2020/05/03 09:19:59 2020/05/03 09:19:59 東京五輪聖火リレー特集用、聖火リレーで熊本県内を走る、北京五輪男子400メートルリレー銀メダリストの末続慎吾選手インタビュー(10日、神奈川県平塚市で)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200502-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ