バスケ日本代表の男女主将、五輪1年延期には前向き…ネット番組に出演

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨季のバスケットボール日本代表で男女それぞれの主将を務めた篠山竜青(川崎)と高田真希(デンソー)が23日、日本バスケットボール協会のインターネット番組に出演した。

 互いの代表チームの印象を尋ねる視聴者からの質問に対し、篠山は「女子は世界の強豪。先に世界に出て行った経験から学ぶことがたくさんある」、高田は「男子はすごい勢いで盛り上がり、実力も付いてきている。良い関係で切磋琢磨せっさたくまできる」と回答した。

 また、出演後のオンライン取材では、東京五輪の1年延期の影響について「若い選手が多いので色々な経験値を高めることができる」(篠山)、「日本の緻密ちみつなバスケットをより洗練させることができる期間」(高田)と、共に前向きだった。

無断転載・複製を禁じます
1236980 0 その他 2020/05/23 20:35:00 2020/05/23 20:35:00 2020/05/23 20:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ