読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

谷本道哉の【すぐやる健康体操】ペンギンフライ編

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 すぐやる健康体操を続けて、体を動かすことが楽しくなってきた人も多いはず。そんな皆さんへ、「筋肉は裏切らない」の決めゼリフでおなじみの近畿大・谷本道哉准教授が、感染リスクを抑えながら気持ちよくジョギングするための筋トレを紹介します。今回は「ペンギンフライ」。

めいっぱい反る! うつぶせから手足を高く

 走るための土台は下半身ですが、腕の振りも重要です。強く振ると、キック力が増すからです。ただ、走りを安定させるには体幹の役割も大切。脚や腕が主役なら、さしずめ、それを支える縁の下の力持ちといったところでしょうか。

 人間はつま先が前に出ているため、姿勢がやや前かがみになっています。これを後ろから引っ張って支えているのが、体幹の背筋群にあたります。前から支える腹筋群も関わっていますが、姿勢保持のメインは背筋です。

 背筋群を鍛えるには「ペンギンフライ」というトレーニングが有効です。うつぶせに寝て、手を腰の横に置き、手のひらを床に向けます。手と脚を少し浮かせ、できるだけ背中を反らせて手足を高く上げます。

体幹鍛えてピシッと走ろう

 背中を痛めないよう、最初の3回で徐々に反らす度合いを大きくしていきます。その後はめいっぱい高く上げ切ります。手を上げる時は手のひらを外側に向けて、「きゅー」と言いながら、痛みのない範囲で行ってください。手足を下ろす時は床に触れないように。

 10~15回を目安に、1日おきくらいに行うと良いでしょう。背筋群を鍛え、ピシッといい姿勢で走ってください。(次回から超ラジオ体操を紹介します)

プロフィル

 たにもと・みちや 1972年生まれ、静岡県出身。大阪大学工学部卒、東京大学大学院で博士号を取得。2013年から近畿大生物理工学部准教授として、筋生理学などを教える。NHK番組「みんなで筋肉体操」など、筋トレの指導役としても活躍。

無断転載・複製を禁じます
1275585 0 その他 2020/06/13 15:00:00 2020/06/13 15:00:00 2020/06/13 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200613-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)