読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

天理大ラグビー部でクラスター、24人感染…寮は相部屋・風呂場も共同

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見で感染状況を説明する天理大の岡田龍樹副学長(左)ら(17日、奈良県天理市で)
記者会見で感染状況を説明する天理大の岡田龍樹副学長(左)ら(17日、奈良県天理市で)

 天理大(奈良県天理市)は17日、ラグビー部に所属する男子部員24人が同日までに新型コロナウイルスに感染したと発表した。全員が同じラグビー部の寮で生活しており、県はクラスター(感染集団)と認定した。

 県や大学によると、同部では、9日に20歳代の男子部員1人が倦怠けんたい感を訴え、12日に陽性が判明。濃厚接触者の部員や職員計59人のPCR検査を実施し、15日に部員19人の感染が分かり、さらに検査対象を広げて調べたところ、16日に新たに部員4人の感染が確認された。全員が軽症か無症状という。

 同部では全部員168人が寮で生活しており、県は残りの部員ら約100人の検査を進めている。寮は3~4人の相部屋で、風呂場も共同だった。練習は6月に入ってから、日本ラグビー協会のガイドラインに基づいて少人数で再開。8月からは接触プレーもしていたが、対外試合は今春以降していないという。大学は13日から一部のキャンパスを閉鎖し、クラブ活動も原則中止としている。

 17日、大学で記者会見した岡田龍樹副学長は「十分注意して指導していたが、集団感染が発生し、大変遺憾に思う。対策をより一層進めていく」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1414989 0 その他 2020/08/17 13:23:00 2020/08/17 14:04:07 2020/08/17 14:04:07 会見で感染状況について説明する岡田副学長(左)(天理市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200817-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)